ヘルペスの原因はヘルペスウイルス

口や性器の水ぶくれや帯状発疹を引き起こしてしまう、ヘルペス。唇にできものができてしまって、ヘルペスができたとよく言いますが、これは口唇ヘルペスと呼ばれるものです。性器にできてしまったら、性器ヘルペス。痛い帯状の帯状発疹も、ヘルペスです。

このように、様々なヘルペスがありますが、その原因は「ヘルペスウイルス」です。ヘルペスウイルスに感染することによって発症する症状ですが、ではいったいどこでヘルペスウイルスに感染するのか。

実はヘルペスはかなり感染力が強いウイルスです。ヘルペスを持っている人に直接接触しなくても、使用済みのタオルやコップなどからも感染することがあります。そして、ヘルペスを発症している人からは、ヘルペスウイルスが大量に排出されています。もしその人が使ったタオルなどを使えば、ヘルペスに感染してしまいます。

感染すると、3〜7日でヘルペスの症状を発症することになります。感染力が極めて高いので、免疫がない人や、カラダの調子が悪くて免疫力が低い人は、発祥の確率が極めて高くなります。

また、皮膚の弱い人は、腕を組むだけの皮膚の接触でもヘルペスに感染することがあります。ヘルペスのとき、ヘルペスの人がいたらできるだけ接触しない。これを守らなければ、すぐにヘルペスになってしまう、厄介な病気です。

電気自動車とは