ヘルペスの代表的な症状

ヘルペスの原因がヘルペスウイルスだということ。そして再発の危険性が極めて高い病気だということが分かりましたが、それでは代表的な症状にはどのようなものがあるのか。

ヘルペスの代表的な症状をご紹介いたします。一度でもこのような症状になったことがある人は、注意が必要です。

口唇ヘルペス

  • 最も有名なヘルペスの症状です。
  • 唇にできものができてしまいます。
  • 最初はくちびるや口のまわりが赤くなり、だんだんとむずがゆさを覚えてきます。
  • 中には痛みを伴うこともあり、2週間程度こういった症状が続きます。


帯状発疹

  • お腹から背中にかけて、主に右半身か左半身どちらかに現われる水ぶくれのようなものです。
  • かなりの痛みを伴います。
  • 初期は水ぶくれもそれほど見当たりませんが、チクチクした痛みのみがあります。
  • 治るまで3週間ほどかかり、その間は痛みに悩まされる、厄介な病気です。


性器ヘルペス

  • 性器や、お尻のまわりに、赤いぶつぶつや水ぶくれが現われる症状があります。
  • 一般的にセックスで感染することが多く、性病としても考えられています。
  • セックスをして早ければ2日、長くても2週間程度で発症します。
  • また、感染しても症状が出ないこともあるので、人にうつしやすい病気でもあります。
  • これらの症状になったことがある人は、ヘルペスウイルスを持っている可能性が非常に高いということが言えます。

電気自動車とは