ヘルペスの予防のために

なってしまったら、時には痛みまでも伴ってしまう厄介なヘルペス。ヘルペスは日本人のかなりの数が感染しているとも言われています。30代では約半数の人が、さらに年齢層が上がれば、もっと高くなります。まさに国民病と言っても差し支えない病気です。

さらに、一度かかってしまったら、ちょっとした体調不調や、寝不足などから再発してしまうという点も、厄介なところです。それではどうやって予防していったらいいか。まず感染を防ぐというのは、ヘルペス2型ならばコンドームを使うなどで可能ですが、1型については難しいでしょう。だから、ヘルペスを発症させないようにすることが大切です。

ストレスや、疲れをためないことも大切になります。また、アルギニンという栄養素がヘルペスウイルスの栄養の元となりますから、体調が悪くなって、ヘルペスを発症しそうな雰囲気があるのならば、アルギニンの入った食品を抑えましょう。代表的なものに、チョコレートやピーナッツ、干しぶどうなどがあります。

逆にヘルペスの発症を抑えるのに効果があると言われている成分がリジンです。リンゴやトマト、なし、いわし、たらなどに多く含まれています。このリジンをアルギニンよりも多く摂れば、かなりヘルペスの発症を抑える効果があるというデータもあります。

ヘルペスの感染を防ぐことはなかなか難しく、すでに手遅れの場合が多いので、日頃の生活と食生活で、ヘルペスの発症を抑えましょう。

電気自動車とは